2017.04.22 膝が痛い
膝が痛い時、膝抱えなんて痛くてとんでもないwww.
太ももの裏に手をあて引き寄せると臀部の筋肉がストレッチされて好評でした。
自分で加減できますし膝の痛みも感じられないかも?
2017.04.20 股関節が痛い
不思議、不思議、不思議、、╰(*´︶`*)╯♡
股関節が痛いって、、、。
痛い所にアプローチせずに
例えば肩や首の疲れを取り去ったら痛みから
解放されたという例を何例を見てきましたあ(^^)
2017.04.15 足の痛みと腰
こし

階段を上がる時だって、、、。
ゆっくりで、いいんだよ╰(*´︶`*)╯♡
正確に腰の少し上が伸びる様な感じ。
反らすのでは無くて、身長を伸ばす感じで( ̄∀ ̄)
辛い足の関節が軽くなればいいなあ。
膝が痛いというご夫人をドライブに誘った。
車のシートに枕を敷いて腰をそりぎみにして、
ヒーターで足元を温めた~、劇的に痛みが軽減された。

リカバリー

ランキング参加しています。
よろしければクリックして一票を下さい。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村



わたしどもがお勧めする身体にやさしい健康、美容食品です。
通信販売、全て全国送料無料代引き手数料無料到着時カード払い可能です。
↓ ↓ ↓クリック
高品質サンフローラ社製ローヤルゼリーとプロポリス

↓ ↓ ↓クリック
マカ ルンブレン メシマコブ

↓ ↓ ↓クリック
マコモ飲料(シザニア)お飲みになった方のみの販売です。



前記事(朝足がむくんでしまう私Ⅰ)のつづきです。

その後、おばあちゃんは、あさ足がむくんでしまう事は、
なくなったとの事でした。

実は、もうひとつお勧めの技があるのです。
敷き毛布2
仰向けで寝る時は、
ちょいとだけ腰が反るようにバスタオルを仕込むのです。
「ちょいとだけ」と、言うのがポイントです。
長時間の反らしすぎは、負担が掛かり危険です。

自分で、もの足りない位が適当だと考えています。
1毛布
その上から電気敷き毛布を仕込んで、ぽかぽかで寝てください。
熟睡から目覚める爽快感と、理想的な尿量が体験できればよいですね~。
足だけでは無く、全身軽~くをめざしましょう!

おせっかいこりやんから、、、
電気敷き毛布は、
安価なものから、高価な物まで沢山あります。
毛布の長さが188センチの大判サイズが良いですね。
しか~し、私は、
毛布だけが大きくて、中の熱が通る線が少ない商品を買って失敗しました。
足が、ぬくもらない、、。
「高価だから」って、即決せずに
中の熱の線が足まであるものを選んで下さい。


ランキング1位をめざしています。
クリックお願い。

↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
→頭痛、肩こり、腰痛、整体室こりらっくすホームページ

→高品質サンフローラ社製 プロポリス ローヤルゼリー
  送料手数料 無料 ネットショップこりらっくす


病院での腎機能検査は異常なしとの事でした。

朝は押したら指先の後が残る位にむくむそうです。
「歩いているうちにむくみは消失するのですが、、、」と、
82歳のお婆ちゃん、、、、少し肥られたそうですね?


こりらっくすは、
脊柱への負担を軽減する事で身体の改善を図ろうとする療法ですから、
寝る時に腰椎に負担が掛からない方法として、抱き枕の使用を提案しました。
だきまくら
抱き枕を膝に挟んで使用するのでは無く、
膝の片方をのせて、もたれかかるように使用してもらいました。
大切なポイントを、私はこう考えました。
もう一方の足は、だき枕と平行になる様に伸ばし、丸まった腰骨が、
すう~っと伸びるような姿勢を、、、。
ご本人さま自信も腰が「す~っ」と、心地よかったそうです。
あくる日、足はむくまなかったそうです。

私の経験なのですがダイエットに成功した時、
お腹がすっきりし腰の重だるさが消失したのと同時に
尿量が増へ、排尿がしやすかったのを思い出しました。



抱き枕使用の注意点は、
下になった腕がうっ血しないような調整も考える事ですね。

続きは、こちらです。

パートⅡ



ランキング1位をめざしています。
クリックお願い。

↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
→頭痛、肩こり、腰痛、整体室こりらっくすホームページ

→高品質サンフローラ社製 プロポリス ローヤルゼリー
  送料手数料 無料 ネットショップこりらっくす


2011.10.20 外反母趾
外反母趾に悩まれている方は、多いですね。
外反母趾.jpg
筋力の低下から足裏のアーチが減少していると知ってはいるものの、
トレーニングも続かなくて、、、、
「外反母趾と付き合って15年、、、」て、


こりやんの提案です。
「普段の動作が外反母趾に対してのトレーニングになれば」と、
思いました。
外反母趾テープ.jpg
こんなテーピングがあります。

矯正目的で縛ったのではなく、、、
理想的なアーチが強調される様にテーピングを行いました。
この状態で普段の動作を行えば、
今まで使われていなかった筋肉が強化されるのではないのか?と、、、、



水泳の平泳ぎ、、、足を蹴伸ばした時に痛い、、、
若い水泳選手の悩みだった。

歩行は問題ないのに、ある特定の動きで痛むというのです。

こりらっくすの考え
筋肉の一部が堅くなっていると考えた。
しかし堅くなっている筋肉を発見した所で復活には時間がかかる。

→(痛みから逃げるという方法を試しましょう)
痛めた筋肉を引っ張らないように、
周りの筋肉や関節にあそびを作ってやる方法を試してみましょう。
この方法は痛めた患部を引っ張られなくする事を狙った療法です。
早くに改善する為に理想的な療法と考えています。

では、まわりに遊びを持たすには、どうすれば良いのでしょうか?
はいはい、実は理屈通りにはいかないのです。
筋肉と関節の相関関係は、複雑です。
設計書を作って、実験しても旨くはいきません。
複雑ですから、、、、、

実践で、痛みの出ない方法を探そう、、、、
例えばお腹に力を入れ腰を伸ばして、蹴伸びをしてみる。
痛みが消えたら、腰を伸ばすフォームに変えれば良いと思います。

例えば内股ぎみて、蹴伸びをしてみよう、、、。
痛みが消えれば、テーピングで整体。

患部の怪我の克服は、周りとの関係改善も重要だと思います。

痛みからの逃げ道を探して改善しましょう。


足首の捻挫で来店の50代の女性の症例です。

足首の捻挫で歩行に制限があり不自由そうでした。
足首のくるぶしにキネシオテ-プを重ねてはりました。
その方は直ぐに痛みから解放されたと言いました。

今回のキネシオテーピングは、固定目的では無く、
筋膜を浮かせて痛めた筋肉の周りに空間を作ってあげるのが目的でした。

痛めた筋肉の周りに空間が出来れば、例え腫れても滑らかに
動けることがあります。

44歳男性の症例です。

右の太ももから、膝下の表面の痺れを訴えられての来院です。
腰の問題を疑うのが、一般的です。
坐骨神経のラインの筋肉が硬かったので、腰から臀部の筋肉をほぐしてみました。
改善されませんでした。

ふと足首を見ると右足首が左に比べてかなり固くなっておりました。
何が原因かは不明なのですが、患部は血行不良の状態でした。

患部にキネシオテーピングを施しました。
キネシオテーピングで、筋膜という膜を浮かせる様に貼ると、
リンパ液の還流の促進が期待されます。
筋肉の伸縮もスムーズになると血行も促進されると考えています。




「曲がった膝が伸びない」と言う相談を御身内の方から受けました。
整形外科へ行っても治らなかったということでした。

実は私が開業したばかりの頃
このような症例の方を施術させていただいた事があります。
屈曲した膝が伸びずに曲がったままで歩かれていたのです。

偶然に治った・・・・・?
なんで?僅か2回の施術で膝が伸び痛みもなくなったというのです。
通院していた整形の先生もこの回復に首を傾げた?との事でした。
施術した私も首を傾げました。

私は膝関節の変形だと思ったから怖くて膝関節には触れませんでした。
無難に腰の筋肉をほぐし膝にテーピングをしただけ・・・・

こりらっくすは,こう考えています。
膝の屈曲を外力でもって伸ばすというのは,患者さまも怖いし私も怖い。
後でどうなるのか想像がつきません。

→太ももの裏やふくらはぎが硬く凝っては,いませんか?
それらが凝って収縮していたら当然膝は伸びないのでは?
無理やり伸ばそうとしたら?
収縮した筋肉は棒と同じように伸ばしても伸びないのではないでしょうか?
そして膝関節面が平行な状態でなくなる様な圧力がかかるのでは?

太ももの裏とふくらはぎがやわらかくなるような方法を探しましょう。
これらの筋肉の過剰な凝りの原因は?
腰骨周辺の筋肉が凝っていて神経に圧力をかけているのではと考えています。
腰骨周辺の神経に圧力がかかると,足が棒が入ったような凝り方をする事も
考えられますから、腰へのアプローチが根本的に重要だと思います。

何かの参考になればと思います。
過去記事足の痛み パート2/3の続きです。

今回の記事、足首の痛みの他、足の痛みに悩む方は、多いようです。
膝が痛む、水が溜まる、太もも、アキレス、、、全て原因は似ていると考えています。
治りにくいと感じていらっしゃる方へ

例えば膝に水がたまるのは膝関節の炎症と考えられていますが、
炎症を抑える治療だけしても水を抜いても治癒は困難と言われる方
は、多いです。
もっと根本を辿りましょう。

膝関節について
膝周辺の筋肉が硬いと、関節が曲がりにくくなるのは想像できますね。
関節は、正しい位置にあってこそ滑らかに曲がります。
堅い筋肉によって関節の部品の位置が変わると、関節を絵で考えたら、
擦れ合っている様な絵になるのかな?曲げるときに痛そうでした。
また堅い筋肉は干物と同じとイメージしていますから、
容易に肉離れしたり、繊維が壊れるのでは、ないでしょうか?

この悪循環で炎症起こして水が溜まってくるのではと、考えています。

対策は、膝周囲の筋肉を柔軟にして関節の部品の位置を正しい位置に、、、、
施術は膝関節周囲の筋肉へ、アプローチ

私が大切に考えているのは、それらの筋肉を支配している神経ポイント(腰部)を柔軟に、、、

考え方は、前記事と似ていますね。
足の痛み パート1/3
足の痛み パート2/3

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
→頭痛、肩こり、腰痛、整体室こりらっくすホームページ

→高品質サンフローラ社製 プロポリス ローヤルゼリー
  送料手数料 無料 ネットショップこりらっくす


前回足首の痛み! パート1/3 の続きです。
腰部の神経圧迫を取り除き、足首の痛み除去を試みましょう。

こりらっくすでは、腰椎の一番下と、その下の仙骨の間の圧縮による神経圧迫に注目します。
この圧迫を取り除くストレッチを成功させれば、施術途中から心地よいと感じる方が多く
いらっしゃいました。
腰仙骨間接模型

手のひらで、足の方へ向けて力を掛ける施術が思い浮かびまが、、、
もっと、もっと良いと考えている施術方法を御紹介します。
手掌接触

実は、腰椎の一番下と仙骨の間は、寛骨と言うお尻の骨で覆われています。
手のひらでの圧力は、覆っている寛骨に吸収されて腰仙関節へは浸透しにくいと考えます。
有効な方法は寛骨の隙間を潜れる大きさをイメージし、拳で施術をするのはどうかな?
模型 けん接触

寛骨の隙間は、野球のボール一つ分位です。
軟球模型接触.jpg

拳の圧力で、腰仙関節を開くように仙骨を下へ施術しましょう!
心地よければいいですね。
逆に苦痛な時は、力を弱めます。
それでも苦痛なら、他の原因を考える必要がありますね。
腰仙骨拳骨接触

足の痛み パート3/3へ続きます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
→頭痛、肩こり、腰痛、整体室こりらっくすホームページ

→高品質サンフローラ社製 プロポリス ローヤルゼリー
  送料手数料 無料 ネットショップこりらっくす


理想的に締まったウエスト、、、、内部の筋肉(大腰筋)(ダイヨウ筋)に力を入れた状態。
理想的な腹部

腰骨に負担を掛けるウエスト、、、、腹部の力を抜いた状態。
好ましくない腹部

「足首が痛い」とおっしゃって来院されたバレリーナさん。
腹部に力を入れて頂くだけで、改善されたそうです。
腰へ掛かる負担が減り、腰の一番下の神経圧迫が取り除かれた為と考えています。
神経を圧迫すると神経の支配先の足首の筋肉は、
硬くなり関節を歪ませ痛みが発生するとイメージしました。
さらに悪化するとカチカチの筋肉繊維は壊れたり関節へ負荷を掛け、
関節炎になることもイメージできます。

根本原因であると考えている腰部の神経圧迫を取り除きましょう。
足首の痛み! 2/3へ続きます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
→頭痛、肩こり、腰痛、整体室こりらっくすホームページ

→高品質サンフローラ社製 プロポリス ローヤルゼリー
  送料手数料 無料 ネットショップこりらっくす


膝に水が溜まる、、、、痛い、、、、曲がらない、、、
膝で悩まれている方は、多いですね。

筋肉が堅くなると、筋肉の繊維が壊れやすくなると
言われています。
繊維が壊れると、炎症が起きて水が溜まる事は、
みなさんよく存じてらっしゃいました。

→ 原因を探して、取り除きましょう。
膝の堅くなった筋肉を弛めればよいと考えています。

こりらっくすは、膝の筋肉を支配している腰部の神経へアプローチします。
腰部の神経圧迫を取り除くと膝の筋肉は柔軟になると考えています。

腰仙間接

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
→頭痛、肩こり、腰痛、整体室こりらっくすホームページ

→高品質サンフローラ社製 プロポリス ローヤルゼリー
  送料手数料 無料 ネットショップこりらっくす



2010.11.18 膝の痛み
膝の痛みが治らない、、、痛くて曲がらない、、、
膝痛、、、沢山の方がお悩みですね、、、
「なかなか治らない」と言ってこられる方の多くは、腰も痛いと、
おっしゃいます。
腰が原因って、、、???

「腰骨の椎間板へ圧力が掛かり神経を圧迫する」と言う言葉は、
最近よく聞きますよね?
実際神経圧迫がおこると、どのようになるのでしょうか?

ある方は足の筋肉が部分的に硬く緊張しておりました。
(膝裏の筋肉が堅くなると、そりゃ~曲がらないですよ、、、)
これを無理に曲げようとすると、膝関節が平行に滑らないと考えました。
曲げたときにクリックし壊れてしまうのでは、と考えました。

当然炎症が起きて、水がたまる事を心配します。

腰の下部を施術し根本的な施術を試しましょう。
ようせん関節
腰骨とその下の仙骨の間は、掌では整体施術ができません。
かん骨と言う骨に覆われているからです。
仙骨が露出している箇所は、下記の拳の位置と考えています。

ようせん関節
拳で、腰骨と仙骨の間を開くように下方へ押し下げます。

心地よい感覚で、足の筋肉が緩めばよいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
→頭痛、肩こり、腰痛、整体室こりらっくすホームページ

→高品質サンフローラ社製 プロポリス ローヤルゼリー
  送料手数料 無料 ネットショップこりらっくす