肩甲骨の内側の筋肉が過度に凝ってらした板前さんでした。
押圧しても取り除くことは出来ませんでした。

「辛いのはもっと、奥です。」と、の事でした。
ソウボウ筋と言う表面の筋肉が辛いのでは無く、
更に奥のリョウケイ筋が辛いのでは無く、

そのまた奥が辛いようでした。

こりやんは、考えました。
「これは、神経症状なのでは」と、
案の定、上部の背骨の関節が堅くなっておりました。

しかし、柔らかくなるような施術を試みましたが、
表面の頑強な筋肉が脊柱を覆っていたので、上手くいきません。

「背骨の関節さえ柔らかくしなれば、板さんの苦しさは取り除けるはず」と、
こりやんは、考えたのでしたが、、、。

こりやんは、ソフトボールを使ってのストレッチをイメージしました。
ボールの上で仰向けで寝てもらったら、
背骨の上部を心地よくストレッチできるかも?

首の保護の為、首にも枕を敷く必要がありますね。
本人が心地よいと思うストレッチがベストと思って慎重に行いました。

背中の痛みについて考えた事があります。
何もしないのに痛い、、、肩や腰も痛い、、、。

原因は、色々なのでしょうね。
(キーワードは、何もしていないのに痛いと言う事)

本人が外圧に気がつかなかった場合を除いて、
外からの力が加わってないのに身体が痛むと言う事は、
色々な内側の問題を想定しなくては、いけません。

みなさまの色々な経験を御参考にしてください。

(50代男性)
主に感じるのは背中の痛み、他、肩、腰、全身の筋肉は、
カチカチに凝っており、思うように動けない!
動かすと痛い、、、。

こりらっくす店長の考え→全身が同時にカチカチになる場合の
一例としては、次の事を考えています。
解剖図3
背骨の神経全体的に圧力が掛かり、
全身が緊張モードになっているのではと、、、?

こりらっくすがイメージしている神経に掛かる圧力とは、
変形した骨が、直接的に圧力を加えているのでは無く、
身体の中が、満員電車のようにぎゅうぎゅう詰めの状態に
なっているのだと思うのです。

??では、どうして身体の中が、ぎゅうぎゅう詰めになるので
しょうか?

色々な事が想像できると思います。

想像1 単純に筋トレをして、筋肉が全体的に腫れた、、、
想像2 肥って背骨が全体的に潰れ気味、、、、
想像3 雨降り前で、気圧が下がり体内は、それに連動した、、、

以上の様に様々な事が想像できますね、、、。

話を戻し、50代男性は肥満気味でした。
体内の組織は、ぎゅうぎゅう詰めで神経が圧迫され気味と
判断し、背骨の真上へ緊張を取り除く為のテーピングを施しました。

脊柱テープ


カチカチに凝った筋肉は、押したり引っ張ったりの整体施術は、
少しづつ行います。

押した力でカチカチカラカラの筋肉は壊れてしまうからです。
壊れる時の音のイメージは、バキッです。

ゆっくりだましだましの施術でまいります。


症状は、背中の痛み、肩首凝り、、、
背骨が側湾し、右肩が下がっていらっしゃいました。
また背中の右側の筋肉が盛り上がっています。

1側湾、疾患共、改善されました。
右側の盛り上がった筋肉と背骨を足方へ押し下げ、ストレッチしました。
右肩下がりでも、この右側の背中を下げる整体を施します。
右の肩が前に傾いているタイプの右肩下がりと判断したからです。

側湾、疾患共改善されました。

腰部までストレッチしましょう~。
背骨が伸びて、呼吸が楽になる感覚が味わえれば大成功です。

猫背になると首の下が、くの字に折れ曲がります。
フェイスライン1.jpg フェイスライン2.jpg

首の後ろには横じわが入っていましたから、
内部では神経圧迫を疑います。

即ち猫背は、首の痛み、肩の痛み、背中の痛みの原因の一つと考えられています。

腹筋に力がはいって、自然と背筋が伸びるのが理想的。
顎を引いて姿勢を正せば、首の横じわは消失しますから、
内部の神経圧迫の軽減が期待されますね。

湾曲.jpg 湾曲2.jpg
湾曲                  神経負荷


湾曲4理想姿勢.jpg 湾曲4理想アップ.jpg
理想姿勢               神経負荷軽減

ある女性の体験談です。

昼間に背中に凝りを感じたのが最初です。
家族に頼んでマッサージを施してもらったのですが楽になりません。
症状は痛みへと進行して,夜中には背中全体が突っ張って動かす事もできなくなりました。


病院で血液検査を受けたところ ヘルペスと診断されて薬が処方されました。
その薬とは?

漢方 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)とロキソニンでした。
身体の強いこわばりがとれて嘘の様に楽になりました。
凄いですね!
ドクターは異常なこわばりからヘルペスを疑って血液検査をしたのです。
身体の疱疹は数日後に出現しました。
体内に潜んでいるヘルペスが活動する事で,神経を刺激して身体が硬直状態になるとは・・・
初めて知りました・・・・・・30代女性記


2011.01.09 背中痛
背中が痛いと言って来られた方の体験談です。
私は病院へ行く事をお薦めしました。
インフルエンザに感染しているのでは?
やがて発熱するのでは?という嫌な予感がしたからです。

夜中に眠れない程の痛みでした。
筋肉が硬く緊張して動かす事もできません。
ぎっくり腰の様な痛みが背中全体に広がり突っ張っている感じでした。
痛い個所を掌で押さえて貰うと,その時だけは心地良かったのですが治りませんでした。

病院で血液検査を受け,ヘルペスと診断されました。
身体には目立った疱疹等は,ないのにヘルペスとは意外でした。
日常の疲れから体力が落ちていたのでしょう。
体内に宿っていたヘルペスが活動しだしたとの事でした。

処方された薬を飲むと嘘のように治りました。