前記事  筋トレ1  筋トレ2  筋トレ3  の続きです。



タンパク質の必要量は、成人一日当たり70㌘とされています。
この70グラムという値は、日本人の平均体重を60㎏として計算されています。

つまりタンパク質の必要摂取量は、体重1㎏につき1・1㌘になりますね。
意外と多く必要なのです。

さらに運動選手は、これでは不十分なのです。
筋肉をつくるために激しいトレ-ニングをしていますからね、、、
筋細胞の破壊も他の方達より大きくなるので、筋肉補修の為に、
それだけ多くのタンパク質を必要とします。
しかし色々な参考資料にによれば、タンパク質の摂取量にも限度があるようです。

激しいトレ-ニングの場合でも一回当たり60㌘でよいとする説も、、、、

正確には、個人差があると言う事、、、、
最終的な判断基準は、自分になりますね、、。
トレ-ニングの内容により、特に激しい運動をするときは、タンパク質を豊富に
摂取したほうが効果的なようです。
筋肉づくりを目指すときは、体重1㎏につき2・0㌘以上が望ましいとされています。

バランスよく摂取
前述に補足する事として重要なのは、タンパク質と他の栄養素とのバランスです。
特に炭水化物 (糖質)は大事なポイントです。

炭水化物は糖質と言うエネルギ-源になります。
あまりにタンパク質ばかり摂取していると、炭水化物の摂取量が減少しますので、
血液中の糖値(血糖値)が減少します。
それを増やす為、タンパク質は肝臓でどんどん分解されます。
→これだとタンパク質を多く取った意味がなくなります。

タンパク質を何から摂取しようか???
タンパク質を肉類だけに頼っていると脂肪の摂取量が以外に多くなります。
→体重が増えてもほとんどが体脂肪である事は結構多いのです。