2015.02.28 2月28日
今日は2月の最終日です。
心が「ほっ」と、します。
大雪の中、汗だくのスキーヤーさまにおかれましては、
ちと寂しいかと思いますが、
2月は僕の誕生月ではあるものの大の苦手ダス!


服が重たくて、肩も重たくて、心まで重たくて、風が痛い、
一方、風呂は温かくて、少しだけ春の予感もして、
心うらはら、困惑、迷惑、
誘惑、ワクワクの2月でもあります。

先日、21年ぶりに目がうるみました。
僕は「涙腺大丈夫?」と、聞かれる程、涙が出ない僕ちゃんなのですが、
辛い時、涙がでると「スッキリするだろうなあ~」て、自分でも思うのですが、
なぜか泣けないのです。

泣ける場面にさしかかりますと、血圧が上がり、心が締め付けられて、
苦しんで、後に徐々に回復して終わりです。

そんな僕の目が潤むだなんて、
「藤村昌弘、一生の不覚です。」

事は、後からおこりました。
「有難うございます。」後から思い出した、この言葉。
徐々に重たく響く、僕への一言になったのです。

この当たり前の言葉を言われたのは、
先日、紹介した江田島の海軍第一術科学校の食堂ででした。

「カレー」を食べている僕に広報の方が一言「有難う」と、

帰宅した僕は何故か色んな方の「有難う」を思い出しはじめたのです。
走馬灯の様になって、色んな方のお顔が蘇りましたよ。
特攻に出撃された方の「素朴」と、書いた一言も心にゆらゆらと。
「ぐぐぐ~っ」って、なって、ヤバイって思った一瞬、ウルウルに!!

そう僕の周りには、実に色々な方がいまして、
生き方が上手な方、下手っぴ~、な方、、、、、、。

それは僕の受け皿が大きいからではありません。
僕が、「はじめ人間ギャートルズ」だからなのです。
時代は「♪透明~人間♪現る現る~♪」です。

なんか昭和の番組を連発し、話が大きくそれるのも、
僕のアホなとこなのですが、、、、「モトイ」

「有難う」この一言って、心すっぽんぽんで伝えたらええと思った。
相手に掛ける魔法として使おうよ。
力をかしてくれた人間へ、力尽きそうな声でもいいんだよ。

こころから「有難う」って、言える誰かにめぐりあえたら、
ちょ~ラッキーな出来事であります。

また、些細な事が、誰かの役にたっている時があります。
そんな時、「有難う」って、心から言ってくれる相手だったら、
またそう感じたら、その時の行動は人生だと思います。

今日は、2015年2月28日です。
有難うって、言える誰かに会いたいのお~。 
「俺のカレーを食ってくれ。」   こりやん記

よろしければ、クリックしてみて下さい。
↓↓↓
ホームページ

ランキング参加しています。
よろしければクリックして一票を下さい。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村